エコノミークラス症候群や症状のことなら!

エコノミークラス症候群とは何かを知る

深部静脈血栓症は、エコノミークラス症候群と呼ばれている疾患です。以前、サッカー日本代表の高原選手が発症し、ワールドカップに出場できなかった話は、報道でも話題になりました。飛行機や自動車などの座席で、同じ姿勢を取り続けていると起こることで知られています。

代表的なエコノミークラス症候群の症状は、呼吸困難と胸の痛みです。そのほかにも、動悸、冷汗、チアノーゼ、血圧低下、意識消失などを起こすこともあります。また、発生した血栓が脳に移動して血管を閉塞させると、脳塞栓の症状を起こします。いずれも歩き出したあとに起こるのが特徴です。

長時間下肢を動かさずに座っていると、脚部の奥にある静脈に血のかたまり(深部静脈血栓)ができることがまれにあります。そして、座った状態から動き出す歩き出すことによって血栓が血流と共に運ばれ、肺の血管を塞ぎ、エコノミークラス症候群が起こります。

深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)を起こさないためには、長時間にわたって同じ姿勢を取らない、時々下肢を動かすなどが大切です。とくに機内などで座ったままでも、足を動かす、足首やつま先を動かす、姿勢を変えるなど積極的な対応が必要です。


RSS関連リンク
落穂ひろい(7)飛行機のことなど(エコノミー・ビジネス)
おかげで、後年耳にするようになったエコノミークラス症候群とは無縁でした。 通常、航空券は出発地の日本を起点として帰国までをビジネスクラスで購入しました。太平洋、大西洋や北極圏を巡る長距離国際線はともかく、地域や区間によっては ...

アメリカの副大統領がエコノミークラス症候群になったらしい
副大統領は日豪など9日間の外遊を終えたばかりで、長時間の飛行により血栓ができやすくなる「エコノミークラス症候群」とみられる。 マクブリッド副大統領報道官によると、副大統領は「最近の長時間飛行を伴う旅行」のため、主治医の診察を受けた。 ...
エコノミークラス症候群を防ぐために | エコノミークラス症候群

エコノミークラス症候群の怖さ

深部静脈血栓症とは、エコノミークラス症候群といわれる症状のことです。飛行機に長時間乗った場合に起こりやすいといわれていますが、タクシー運転手や長距離トラック運転手などの発症も報告されています。長時間同じ体勢で座っていることが問題といわれる疾患のことです。

よくあるエコノミークラス症候群の症状は、立ち上がったり歩き出したりした後に胸の痛みを訴え、呼吸困難、動悸、冷汗、血圧低下、意識消失などを起こします。軽度であれば胸やけや発熱などで済みますが、最悪の場合は、心肺停止となり、突然死することもあります。

座ったままの状態で下肢を圧迫し、静脈のうつ滞と水分不足による血液粘度の上昇がおこり、これが引き金となってできた血栓が、血管の壁に付着します。目的地に着いて席を立つと、長時間圧迫されていた足の静脈から血栓がはがれ、肺の血管を詰まらせるためエコノミークラス症候群となります。

旅行の際に深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)を注意するには、適度に足を動かす、水分を摂る、アルコールを飲みすぎない、時々深呼吸をする、服装をゆったりとするなどがあります。とくに長時間座ったままの場合は、積極的に予防策を実行することが大切です。


RSS関連リンク
パソコン作業でエコノミークラス症候群
深部静脈血栓症とは いわゆる エコノミークラス症候群です。9日間で日本・オーストラリア・パキスタン・アフガニスタンを訪問した際に65時間もエアフォース2で移動したのが原因であったようです。専用機ですのでエコノミークラスではありませんが ...

エコノミークラス症候群になる。
ハイブリッド留学センターの杉本 京子です。 前回のブログ更新は、ロンドン行きで途中で乗換えをした、ドバイ空港。あれから長い月日がたってしまいました...
エコノミークラス症候群を防ぐために | エコノミークラス症候群

エコノミークラス症候群の症状とは

深部静脈血栓症は、エコノミークラス症候群と呼ばれている疾患です。以前、サッカー日本代表の高原選手が発症し、ワールドカップに出場できなかった話は、報道でも話題になりました。飛行機や自動車などの座席で、同じ姿勢を取り続けていると起こることで知られています。

代表的なエコノミークラス症候群の症状は、呼吸困難と胸の痛みです。そのほかにも、動悸、冷汗、チアノーゼ、血圧低下、意識消失などを起こすこともあります。また、発生した血栓が脳に移動して血管を閉塞させると、脳塞栓の症状を起こします。いずれも歩き出したあとに起こるのが特徴です。

長時間下肢を動かさずに座っていると、脚部の奥にある静脈に血のかたまり(深部静脈血栓)ができることがまれにあります。そして、座った状態から動き出す歩き出すことによって血栓が血流と共に運ばれ、肺の血管を塞ぎ、エコノミークラス症候群が起こります。

血栓を予防し、深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)を予防するには、長時間下肢を動かさない座ったままの姿勢を注意し、着席中でも積極的に足の運動をすることが大切です。また適度な水分を補給する、アルコールは飲みすぎない、服装はゆったりとする、などに気をつけます。


RSS関連リンク
車での避難生活
原因はエコノミークラス症候群で、飛行機のエコノミークラスに乗っていて起こりやすいことから、そう呼ばれています。狭い空間で、座った姿勢でじっとしていると、足の血の流れが悪くなり、血液の一部が塊(かたまり)になって、細い血管を詰まらせ、最悪 ...

米副大統領、ファーストクラス以上の快適性でエコノミー症候群
エアーフォース2はファーストクラスをはるかに凌ぐ快適性があると想像するがエコノミー症候群になるの? というより立ったままのスピーチが血栓を起こしたのではないだろうか・・ ところで航空機のコクピットクルー達はエコノミー症候群にはならないの? ...
エコノミークラス症候群を防ぐために | エコノミークラス症候群